読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

双眼鏡を覗くとそこは2.5次元

舞台・ミュージカルの感想など気の向くままに書き留めておくためのブログです。(※個人の感想ですので気になる方はご遠慮ください)

関西の劇場について

 劇場に関する感想を観るのが好きです。
主に東京の劇場について書かれている方が多いので、いつか行ってみたいなと思いつつ拝見しています。今回は関西の主な劇場をピックアップして私の感想や印象など書いていきます。個人の意見となりますのであしからず。キャパは公式サイトより。
 
●メルパルクOSAKA
舞台:テニミュ
アクセス:JR・御堂筋新大阪駅
キャパ:1010席
 
私が1番お世話になっている劇場で、1階も2階も観やすいし大好きです!ただトイレ和式なのどうにかならないのか、それだけが不満です。でもトイレ内にもスタッフがいるので回転は速いです。1階席は5列くらいまで段差なしだから結構見にくい…でも見えないってほどじゃないです。1階席は中央通路前のセンターが観やすそうだから1回座ってみたい(関係者席だけど)2階でも十分舞台が近いです。2階1列は手摺が邪魔ですが。個人的にはメルパルクに慣れ過ぎて他の劇場だと観にくく感じることさえあります。ただサイドは結構見切れます。テニミュは複数回観るから色々な角度で観たいからいいけど。今度ナルステもここで観るので楽しみです。2回最後列…どうだろう。長時間座っていてもお尻も痛くならないのでマチソワでも大丈夫です。ちなみに新大阪なだけあって、お店もまあまああるので時間もつぶせます。近くにはスタバ・ドトール・サブウェイ・モス等々。遠征組も21時までに終わってくれれば十分最終電車に間に合うんじゃないかな。ロビーも広いし椅子もまあ多い、スタッフもしっかりしてます。
 
 
梅田芸術劇場メインホール
舞台:ナルステ初演、ハイステ、ロミジュリ2017
アクセス:JR大阪駅、阪急梅田駅
キャパ:1905席
 
私にとっては超なじみのある場所なんでスイスイたどり着けるけど、地方から来た人にとっては駅から歩く印象かもしれない。慣れればすぐたどり着けます。3階席は果てしなく遠い…ハイステを3階席で観たときは二度とここでは観ないと誓いました。それくらい遠いし客席降りがあった日にゃ疎外感しかありません。ライビュの勢いです。いや表情が見えるだけライビュのがましだ。でもミュージカルとかセットが凝ってる舞台なら3階でも綺麗に観えるのかなあ。それに3階席はB席で値段も5,000円~なんでとりあえず観たい時はいいと思います。ハイステは3階席でも6,800円とかだった、許すまじ…!!1階席は後方でも観やすかったですし、思ってたより舞台も近いです。ロビーは広いけどそれ以上に人が多いからなかなかごった返してる。とにかく人が多い…お花も飾る場所がたくさんあるのでいつも華やかです。梅田なのでもちろん時間潰しや買い物何でも出来るし路線も多いからどこでも行けます。今度ここで刀ミュと氷帝チムライあるのでライブになるとどうなるのか期待。
 
 
梅田芸術劇場シアタードラマシティ
舞台:ナルステ再演、ダイステ、TSCPP
アクセス:JR大阪駅、阪急梅田駅 他
キャパ:898席
 
上のメインホールの下にあります。座席は1階席のみです。私は真ん中通路から前にしか座ったことないけど、どこも観やすいしサイドでもそこまで見切れない印象(最前とかは不明)ロビーもそこそこ広いからお花も並んでるし、物販もそこまで混んでません。ただ椅子は少ないから食べてから入ったほうが良いかもです。地下にあるので当日券並ぶのが屋内なのも個人的に助かる。メインホール同様、梅田なので時間は無限に潰せます。劇場からそこまで離れたくないなって方は目の前にスタバ・TBS・LOFT・ジュンク堂があります。
 
 
舞台:ドリライ2016、ペダステ
アクセス:本町駅、心斎橋駅
キャパ:2400席
 
ここは定期圏内で仕事終わりでも超余裕で行けるからいいんだけど、とにかく椅子が腰に悪い。もはや下腹部に異常を感じる勢いです…ここでマチソワはきついかもしれません。ただ最前でも舞台まで距離が合って観やすそうです(最前入ったことないですが)5列目くらいは段差がないのでとにかく見辛いです。というか見えない。反対側に行かれるともはや舞台上に誰もいない事件が起きた。2階席は舞台が近くて見やすいです。3階席は入ったことないです。本町周辺なだけあってお店は多いですけど、なんせオフィス街なんで土日は結構閉まってます。お店に入りたいなら歩くけど心斎橋のほうに行った方が良さげです。コンビニはこれでもかってくらい周りにあるんで食料調達には困りません。劇場目の前には公園もあるので真夏か真冬でなければそこで過ごすのもありかもです。物販は基本的に外(というかチケットもぎりの前です)観劇後のマチソワ間物販なら中に列形成も。ペダステは何故か毎度めちゃくちゃ並ぶのが謎。
 
 
舞台:キャバレー
アクセス:地下鉄肥後橋
キャパ:2700席
 
とにかく広い!一体何人来てるんだろう?!ってびっくりしました。2階席しか入ったことないけど、全体を観るには良い席でした。サイドの席とかBOX席とかいつかは入ってみたいなぁ。BOX席は覗いた限りかなりサイドシートだったけど2人席なのがうらやましい。今度ここでレミゼがあるのでめっちゃ楽しみです。ちなみにここでチケットフォルダ―落としましたが無事に帰ってきました。その時はスタッフの方も対応良かったし迅速だったので、ただただ感謝です。
 
 
舞台:ザサーカスアクセス:地下鉄西梅田駅
キャパ:912席
 
1度しか観たことないからあまり印象に残ってないですが…黒い!というイメージ。劇場内の壁が黒くて、そんな劇場他になかったのでびっくりです。椅子は固い印象。1階席しか入ったことないけれど2階席まであります。ロビーはお花も出せてたけど結構狭いです。駅の地下から直結して行けますし、ビル内にあるので食事もできます。今度ここでチャーリー・ブラウンやるんですけど観に行くか検討中です。ちなみに阪急梅田もJR大阪も地下鉄御堂筋梅田も西梅田も東梅田も阪神梅田も全部繋がってます。新幹線が止まるのはJR新大阪駅でJR大阪から一駅いったところなのでその辺はちょっと不便ですね。
 
 
舞台:ダイステ
アクセス:JR環状線・地下鉄森ノ宮
キャパ:1030席
 
正直記憶が薄い…椅子はあんまり良くなかった気がするけど激走して会場入りしたせいかも?気のせいではなかった。背中を完全に預けきれない謎の角度の椅子です。例えるならジェットコースターで上にのぼっていってる途中って感じです。ロビーはそこそこ広いけど周りには店が少ないのでマチソワみんなどうやって過ごしてるんだろう。ロビーはそんなに広くないし目の前にキューズモールがありました。劇場の半券を持ってると何かと割引があるみたいなのでそこで時間は潰せます。少し歩くと大阪城ホールがあるので時間があれば観光がてら行ってもよいかもです。記憶が薄かったけど改めて行った感想としてはここに通うのはきついかも。
 
 
舞台:また逢おうと竜馬は言った、青春鉄道2
アクセス:JR・地下鉄新神戸駅
キャパ:693席
 
キャパはまあそこそこですが、椅子の座り心地も良くて観やすいしアクセス以外は好きな劇場です。遠征組やキャスト陣からすると新幹線止まるのでアクセスもいいのかなあ。個人的には三宮から一駅くるのが面倒臭い。あと劇場のあるオリエンタルシティの廃れ具合が怖い…一応ご飯を食べるところもありますがなんせ人が少ないのでどこに入るか迷う。やってる?レベル。でもマチソワ過ごそうと思えば時間は潰せるのかな?三宮でご飯は食べることを勧めます。2・3階では観たことないけれど1階は舞台が近く感じて観やすいし観るなら1階で是非!見た感じ2階席も観やすそうな感じです。いつか入ってみたいなぁ。ロビーはかなり狭いので物販はかなり並ぶ。某歌王子がここでやるみたいだけれど大変そうだ。
 
 
アクセス:阪急西宮北口駅
キャパ:800席
 
好きな劇場の1つです。まず駅から直結で初めてでも行けるし雨も関係なしで素晴らしい。ロビーはそこまで広くないけれど高級感があって良いですし、スタッフもしっかりしてます。1階席は舞台がかなり近くて、前回はI列だったけれど双眼鏡不用で肉眼で表情までかなりしっかり見れました。椅子はまあまあ固いですが休憩があれば大丈夫です。大阪からだと阪急線で15分くらい。西北なので周辺は栄えてますし、マチソワでも時間はいくらでも潰せます。今度ここで春のめざめやるんで観に行きたいんだけど予定と相談だ。めちゃくちゃ良い劇場だったからここでとにかく舞台が観たい。
 
 
舞台:黒執事ザサーカスアクセス:阪神尼崎駅
キャパ:1820席
 
こちらも駅から直結ですが、少し歩きますので時間には余裕を持って向かうことをオススメします。駅前はまあまあ栄えていますので、ご飯には困りません。ロビーも広くて劇場内も広いです。こちらは1階席下手しか座ったことないですが見切れはなかった。高級感もあって好きな劇場だなぁ。全体的に兵庫の劇場が好き。梅田からも阪神線で行けるので遠征組も何かとアクセスも良いかと思います。(阪神線なのでまあ利用者は癖ある方多いかもですがもにょもにょ…)とにかく黒執事のセットの世界観とこの劇場が合ってた気がする。他の舞台もここで観てみたいなぁ。
 
**************************************
 
今回は関西で主に使われそうな劇場をピックアップしてみました。私の印象なので参考になるかは分かりませんが、遠征される方の役に立てれば幸いです。個人的に関西の劇場ってアクセス・観やすさ共にいい劇場が多いと思っています。遠征だと東京はTDCホール・ブルーシアター、愛知はビレッジホール、フォレストホール、センチュリーホールしか入ったことないので他の劇場でも観てみたいです。関西の劇場は素敵な劇場が多いので是非遠征に!

3/16 ミュージカル アルジャーノンに花束を 大千秋楽

 

**劇場**
兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール(兵庫) 阪急西宮北口駅から直結!南改札からすぐでした。助かる~~!!!ホールから漂う重厚感…こういう雰囲気好きです。素晴らしい舞台を観に来たんだ…って感じられる。1階席は後方席でも舞台全体が綺麗に観えてむしろ全体把握するには良いのではないでしょうか。私は真ん中あたりの席でしたが、表情まではっきり見えて双眼鏡不要でした。椅子はやや固め、でも休憩を挟めば大丈夫です。そして段差列はしっかり段差があるので前の席の人は全く被りません。視界面でこんなにストレスフリーで観るのは最前入った時以来です。スタッフも多いししっかりしていて良い劇場と出会ったなぁ。
 
▼キャスト感想
(※敬称略・ネタバレ含)
個人の感想ですので気になる方はリターン願います。
 
*矢田悠祐(チャーリィ・ゴードン役)
初主演おめでとうございます!!母の推しである矢田ちゃんの舞台はいつも観に行ってます。今回は初主演ということで本当に楽しみにしていました~!!でも矢田ちゃんコンディションは良くなかったのかな?喉も痛めてるようで心配しました。決して矢田ちゃんの現場を数多く入っているわけではないですけれど、矢田ちゃんでもこんなことあるんだ… でも贔屓目ではなく、そういうコンディションの中でも素晴らしい演技をみせてくれました。手術前と後の演じ分け、もう声から表情から違っていて。特にNY~ラストへ向けての恐怖絶望諦観羨望、たくさんの気持ちが渦巻いているチャーリー、後半はもう喉も限界だったのかもしれないです、台詞途中に咳き込んでいたり。でも台詞や息遣いに感情が乗っていて、憑りつかれているといってもいい演技でした。ラスト知能は元に戻ってしまったけれど笑顔を取り戻したチャーリーが本当に美しくて眩しくて尊くて。こんなに誰かを眩しくて観ていられないって思ったのは初めてかもしれない…!
 
*蒼乃夕妃(フェイ・リルマン役)
フェイみたいに女であることを武器にして人生を謳歌している!っていうキャラ大好き~!とにかく可愛い!こういう生き方は絶対できないけど憧れます。2幕はどうしても重い雰囲気なんだけれど、フェイもシーンは楽しくて観てるだけで元気がもらえる。
 
*皆木麻帆(現ノーマ役)
声がかわいい!全員で歌っていても声が聞こえる!素晴らしい舞台女優さんって感じでした。経歴見たら元アニーだそうです。そりゃすごいですよね!
 
*吉田萌美(回想ノーマ役)
メスネズミのミニィとってもかわいかったです。アルジャーノンと踊っている時はついつい目がそちらに。
 
*和田泰右(バード役)
なんだこのイケメン…!!!!もちろん存在は知っていたし公式Twitterでも観ていたけれど、実物イケメン過ぎる~!!そして声もいい!はぁ~また新たなイケメンの存在を確認してしまった。歌も上手いし声がいい!(2回目)
 
*長澤風海(アルジャーノン役)
これまたすごい方を発見してしまった。一体どこのどなたなんでしょう?!あんなにずっと踊っているのに音がしない。小柄で可愛らしいのに軽々と矢田ちゃんを持ち上げていました。2幕で狂暴になってしまうアルジャーノンの表現力も素晴らしい。終演後感想をエゴサしていたら、この方のファンの人たくさんいて。人気と実力のある方なんですね。出会いに感謝です。
 
*戸井勝海(ストラウス博士役)
*小林遼介(ニーマー教授役)
全員そうですけど舞台上で着替えつつ色々な役兼務してて本当に凄い。特にこの2人は兼務の役のふり幅が大きかったのにすぐ切替えてたんですよ。教授からパン屋って…!(笑)歌も上手いしハモリも聴いてて気持ちがいい。
 
*水 夏希(キニアン先生役)
矢田ちゃんの喉が安定してなかった分、キニアン先生の台詞や歌は安心して聞けました。当たり前だろうけど歌はもちろんうまいし、台詞の一言めの発声がとても心地いい。スルスル頭に入ってくるんです。これは舞台を観てる上で本当に大切だしありがたい。舞台って巻き戻せないし、今なんて言った?!って思ってたら場面は進むし、台詞が聞き取れないってストレスですよね。あと個人的にいつも気になっているんですけれど、元宝塚の人の「〇〇受付」っていうのあるじゃないですか。あれが一体何なのか気になっています。無知ですみません。ご存じの方いればご教示下さい。
 
▼感想
 
最近気づいたんですが、私ストーリーあらかた頭に入れてないと舞台に集中できないタイプでした。話知らないとどうなるんだ?いつまで続くんだ?ってかなり考えてしまうんですよね。それが普通だと思うんだけれど、終着点を知ってる方が安心して見れます。だから舞台も2回以上観るようにしてるんですが、今回は兵庫公演1回限りということなので原作を予習して臨みました。原作は最初はひらがなで読むのは大変だし、知能が高くなると言ってること分からないし(笑)あと結構性に関する台詞やシーンも多くて、これ矢田ちゃんがするの?って不安もありつつそもそもこれどうやってミュージカルにするんだろうって期待もありつつでした。
まずこの舞台暗転がない!ずっと舞台に誰かがいて真っ暗にならないです。すごいですね、私が観てきた舞台の中でこんなことは初めてでした。暗転がない分、矢田ちゃんは出ずっぱりです。矢田ちゃんにお水を!と何度思ったか。暗転多いと集中が切れてストレスにもなるのですが、これはある意味ずっと集中モードで観るので疲れます。(こればかりはチョコを持参した自分を褒めたい)でも世界観に集中して入り込めて、自分 対 舞台 でずっと観れるんです。他の客に意識が行かない。 そのせいか観客も私語や物音も少なかったように感じました。これは発見です。
台詞のような歌のような、なんとも難しそうな歌ばかりでした。それにずっと誰かが舞台にいてメインの2人以外は役の兼務も多くて場面の切り替えも多かったのに全部自然に観ることができました。照明の使い方かな?演出が素晴らしいです。歌は同じようなメロディが何度も出てくるのにその時によって歌詞が違う、けどメロディは一緒だから耳に馴染んできて楽しかったなぁ。ミュージカルは歌覚えてきてからが一層楽しめるものだと思ってるから1回しか観れない今回は助かりました。
上にも書いたように矢田ちゃんは喉が潰れていて本来の実力は出せていなかったけれども役として歌う>うまく歌う、という感じできっともっとうまく歌えるんだろうけど役に入り込んでました。そして音楽は生演奏です!もう豪華すぎる!!
原作を読んだ時はラストで、ん?!結局どうなった?という感じで(理解力が乏しくてすみません)舞台だとその私の理解力のなさを演出照明役者の素晴らしい演技で十二分に補って頂きました。 本当にラストの矢田チャーリーがもう美しすぎてこの世の物とは思えない尊さ… チャーリーに待っているのは「死」なんだなぁと。それでも「賢くなれて嬉しかった」と無邪気に伝える姿が辛いけれど強くてかっこよくて。原作よりもチャーリーのことを最初から「モルモット」「実験」と言い切ったことが、このラストを演出していたと思います。
きっとセットとストーリーがリンクしていたり、それぞれの表情だったり、もっと細かいところまで観たかったなぁ。1回じゃストーリー理解が精いっぱいでした。東京も観た人の感想だと、演出が変わったり矢田ちゃんの演技も日に日に変わっていったそうでまさにチャーリーじゃないか!と思ったり。東京では歌どうだったのかな?万全な状態のものも観たいけど話は重いからDVD買っても繰り返し見るのはつらいかな。でもせめてCDだけでも欲しい~!お願いします!!そしてカテコで矢田ちゃんも言ってましたが是非再演お願いします!他の役者の方も矢田ちゃんを見守っているのが演技からも最後の挨拶からも伝わってきてこんな素晴らしい舞台で主演するなんて…本当に矢田ちゃんすごい。最後はスタオべ、真ん中に立つ矢田ちゃんに素晴らしい景色を見せることができて嬉しいです。それ以上にこちらは素晴らしいものを見せてもらったので本当に感謝感謝です!帰りは母と矢田ちゃんにはもう手の届かないくらい上へ上へ登っていって欲しいねって話しました。
 
*************************************
 
毎度長いかつ観てない人には伝わらない感想で申し訳ないです。いつもアクセス頂いている方、ありがとうございます。(デザイン変えようかなと思いつつ、定まらないままです。) 

応援スタンス

これ色んな方の読むのとても楽しかったです。ありがとうございました。
俳優というより舞台に対する私の応援スタンスです。興味のある方がいらっしゃるのか疑問ですが、興味の持って下さった方よかったら読んでいって下さい。
 
▼基本情報
 
20代後半/関西住み/ほぼ定時上がり・土日祝休みのOL
舞台観劇は基本的に母と行きます。
 
学生時にテニミュ2nd氷帝をきっかけに2.5舞台デビュー
テニミュを中心に2.5舞台は観に行きます。基本的にスポーツを頑張ってる少年が好き。逆に歴史もの(殺陣系)は苦手、というかあまり興味が持てない。今年は東宝系ミュージカルにも興味を持ってきたのでそちらにも手を伸ばしていきたいと思いつつ…この公演を自分がどのくらい観たくなるかがわからないので自分の中のチケット戦略がまだわからなくて模索中です。
 
▼推しについて
 
基本的に忍足岳人/氷帝キャストを応援しています。テニミュ2ndの時は推しがいたんですけど炎上をきっかけに降りて(本人よりもそれ以上に事務所の対応が最悪だったので)それに懲りてからは積極的に推しは作らないようにしています。若い頃は氷帝氷帝!だったんですけど3rdになったからはみんな尊い派に移りつつあります(私も大人になったのかな)DDや茶の間とは違うと自分では思ってるんですけどどうでしょう。
 
▼好きになる基準
 
上にも挙げましたが、基本的に忍足岳人/氷帝キャストが好きです。とにかく忍足が大好きすぎる。言うなれば忍足推しです。じゃあ忍足を演じるなら誰でもいいのか…?!と自分の中で考えたこともありますが現キャスト含め今までのキャストの忍足に対する考えや解釈が納得できるもので忍足を演じる上での努力も見えることに最大限感謝や尊敬する上で応援できるので毎回この人が忍足でよかったなあって思っています。舞台上では忍足より岳人のほうが観てて楽しいのでつい目で追っちゃいますが。他にいいなって思う人は、鯨井康介さん/上田悠介さん/吉村駿作さん  イケメン美少年系より男前な人が好きみたいです。クラスにいたら男女問わず好かれてそうな内面の良さが顔に出ている人好きです。
 
▼舞台を観に行く基準
 
原作>関西>キャスト>演出脚本
推し!がいない分テニミュ以外で遠征はほぼないです。スポーツ少年大好きなので好きな原作で関西で公演があれば結構な確率でチケット取ります。舞台でのキャストビジュアルは絶大な信頼を寄せてる部分がありますので知らないキャストでも全然平気です。言ってもテニミュ観てると見知ったキャストばかりですが。母は推しがいるので、母の推し舞台についていくことも多々あります。
 
▼グッズを買う基準
 
パンフレット/好きなキャラがいればブロマイド
テニミュだと忍足岳人・ペダステだと手嶋青八木)
グッズ買うお金があればその分のお金でもう1公演観たい派です。トレーディング系は1つあればいい・今すぐ欲しいわけじゃないので公演終了したらまったり譲渡探します。
 
▼雑誌を買う基準
 
興味のある対談系があれば買います。写真にあまり魅力を感じないので昔から写真集とかも買わないです。かっこいい写真より、その人がどんなことを考えてるのかの方が気になります。
 
▼舞台以外のイベント/遠征に行く基準
 
イベント系は関西であって楽しそうだなって思って一般販売になってもチケットありそうなら行きます。テニミュは遠征します。基本的に大阪愛知公演、取れれば東京。地方ネタや成長もあるし、会場によって見え方とかも違うから色んなところで観たいです。全氷は福岡か宮城にも行きたいけどその頃は何してるかなあ。
 
▼映像系を買う基準
 
テニミュは買います。全景あるのは大きい…
あとはダイステ/ペダステ/黒執事とか。原作でそこのストーリーが好きだったら買います。最近はWOWOWやスカパーに加入したのでいつかやりそうだな~その時でいいやって思ったら買わないっていうのが1つの基準になりつつあります。DVDになるのって2.5舞台では当たり前だけど、他では当たり前じゃないんですね。東宝系ミュージカルとかあんなに素晴らしいのに何度も見返したいのに…!ロミジュリ2017せめてCDだけでも出ませんか?
 
▼プレゼント/手紙について
 
昔はプレゼントもしてたし、使ってくれてるのも確認できてたけど降りてからはやめました。今はそのお金で公演入ります。基本自分中心なんで自分が楽しむこと優先。手紙は自作したハガキサイズの手紙1枚を1公演に1~2回くらい出します。書きたいことは色々ありますが読むのも大変かな~と思うのでハガキサイズ。認知して欲しいわけではないですけど、作るのは楽しいので自作で。話は変わるかもですが、色紙ってどうなんですかね。個人的にどう保管してるのか気になります。
 
▼普段の考動
 
Twitterは鍵垢/取引垢
RTかいいねのみで俳優にリプはしません。色々なところで繋がって下さった方もいますがほぼ絡みません。すみません。カレンダー通りのほぼ定時あがり社会人なので舞台の予定はすこぶる入れやすいです。仕事・給与面には不満大ありですが、舞台追ってる限り先の予定が入れやすいって最重要ですよね。休みの日は1ヵ月の割合、舞台:友達:完全オフで5:4:1って感じです。割とアクティブめな趣味もありそちらの友人もいるのでその予定もあります。ただ舞台のおかげで半年先の予定が埋まってるのザラなんでよく不満を言われます。
 
▼同担について
 
推しがいないので何とも言えないですが積極的に繋がろうとは思いません。痛バとか画像加工して繋がりたいタグ流す人とかは苦手です。あと現場でたむろって目立ってる集団も。某タレントさんがある番組で「スケジュールと予算と価値観が合う友達ってほぼいない」って言ってましたが本当にその通りだと思います。最初は良くても段々モチベとか変わってくるんですよね。情報とかチケ取りに対して相手が受け身になってくると付き合うのしんどくなります。今は母がテニミュにはまって同じモチベで一緒にオタ活できてるんで楽しいです。家に自分と同じモチベのオタクいるってめっちゃ楽だし楽しいです。
 
▼ファッションについて
 
一応社会人なので身なりには気を遣っています。観劇の時はA4パンフ・チラシの入るリュック・ユニクロのウルトラライトダウン必須。ユニクロは畳んで袋に入れられるので観劇中邪魔にならず音も立てずに済むので良いですよ!背中やお尻に敷かれると視界の邪魔になるので、これもっと広まったらいいなあ。まあユニクロなのでオシャレかは疑問ですが、舞台を観に行ってるのであって観られに行ってるわけじゃないので、許容範囲かなって感じです。日頃はちゃんとしたもの着ています。
 
▼総合的な応援スタンス
 
テニミュ/忍足岳人/氷帝を中心に2.5舞台
推しは積極的に作らず今の感じを楽しんでいきたいです。昔は推しの為に!とか無限回収!とか義務感にもなりしんどいこともあったので他の方のブログ読んでて共感できます。何事も基本的に文句言うならお金を落としてからって決めてるので自分がお金を払ったものにしか文句言いませんし、お金落とさず茶の間で尊い~もしません。私は私の楽しいことの為にお金と時間を使って趣味として観劇していこうと思います。

3/1 ミュージカル ロミオ&ジュリエット(夜)

**劇場**

梅田芸術劇場メインホール(大阪)1階席最後列
かなり下手だったけど1番後ろだったし気楽に観れました。ロミオが下手から出てきたときは思わず「プリンス…!!」って。照明も綺麗だし本当に観やすい劇場だ~!古川くん効果なのか今回は可愛い女の子のお客さん多め。
 
▼キャスト感想(Wキャストのみ)
(※敬称略・推しに片寄り・ネタバレ含)
個人の感想ですので気になる方はリターン願います。
 
*古川雄大(ロミオ役)
第一印象は「このロミオは遊んでるな」です(笑)大野ロミオがキラキラバブなロミオだったけど、古川ロミオはベンヴォーリオ・マーキューシオと親に隠れて多少は悪いこと(?)もして遊んできたんじゃ…?って感じでした。多分ヴェローナ中の女をたぶらかしてます!でもチャラい軽いって意味ではなく。いいところの坊ちゃんで天性のモテ男って感じでイメージは花男のF4的な感じです。ベンヴォーリオとも対等に悪友って感じでした!2人とも楽しそうだったなあ。古川ロミオの陰の表現力はさすがでほんっっと~~に素晴らしかった!!「僕は怖い」は確かに忍び寄る死を感じ取ってたな。死とのダンスの表現力も…歌声も儚いけど力強くて、ソロはさすがでした。ダンスも歌も大野ロミオにはない表現力で素晴らしかったです。その分実際のロミオの年齢よりはもっと上に見えました。
 
*生田絵梨花(ジュリエット役)
やっぱり可愛くてキラキラしてた。2度目の観劇ってこともあって歌詞の1つ1つも意味を考えて聴くことができたから、より聴き入ってしまった~!古川くんが歌声が響くから生ちゃんも結構大きく声を張って歌ってました。ティボルトもあんな大人たちに囲まれた一家の中でこんな可愛い「天使」がいたらそりゃ好きになるし、唯一の癒しだったんだろうな、うん納得。
 
*馬場 徹(ベンヴォーリオ役)
大野ロミオの時はとにかく聖母って感じで、ロミオの兄貴分なイメージを持ったけど古川ロミオに対しては子供のころからの悪友って感じで夫人に対する「親の躾がいいから」って言うのもちょっと皮肉ぽさも感じました。ティボルトの死のあとの励ましも、古川ロミオは自分のやってしまったことの重大さをわかってる割としっかりとした嘆きだったから、大野ロミオの時にみたいに子供をあやす感じではなかったな。こういう演じ分けを観られるのも、Wキャストである醍醐味だなあ。
 
*小野賢章(マーキューシオ役)
ベンとのハモりがめちゃくちゃ綺麗でした!最後の死のシーンでは怒りと悲しみの配分で言えば、こちらは悲しみの割合の方が多かった気がします。平マーキューシオの時はキャピュレットもモンタギューも滅んでしまえ!っていう台詞賢章マーキューシオはジュリエットを愛しぬけよ…っていう台詞が心に残りました。
 
*渡辺大輔(ティボルト役)
アダルティ…!キャピュレット夫人との関係、めっちゃ想像してしまった…(笑)広瀬ティボの時は「甥に手だすとかまじか…」って思ったけど渡辺ティボと関係持ってしまうのは納得!夫を愛せない状況でこの人いたらいってしまうわ(笑)そして歌がうまい!こちらも怒りと悲しみの割合だと悲しみ(絶望諦め)って感じがしたかな。広瀬ティボは怒り憎しみって感じで真っ赤なイメージだったけどこちらはこの家に生まれてモンタギューへの恨みは大人たちに(強制的に)植えつけられたものでももうもう逃れられないし自分はこの生き方しかないって感じ。
 
*大貫勇輔(死役)
序章での踊りを見た瞬間に「イケメンだ」って思いました(笑)ただ古川ロミオを双眼鏡でロックオンしてたので、いつも気が付けば死がいて去っているという…カテコでは素晴らしいダンスを見せてくれました~!!
 
▼感想
 
トーリーが頭に入ってるから一層楽しめました。歌も覚えてきて聴いていて楽しかったなあ。「世界の王」めっちゃ楽しい!!Wキャスト全員は観られず残念だけど、同じキャストでも相手が違うとこうなるっていうのも感じることができて楽しかったです。
でも木下ジュリエットを観ることができなかったのは本当に残念…これCDとか出ないのかな?聴きたいよ~!!
 
せっかくなので両ロミオの印象も残しておきます。
 
★大野ロミオ
前回観たときのキラキラに加えてバブも付け足します。いい意味で本当に子ども!純粋無垢ピュアは彼のためにある言葉だ…今まで恋をしたことがなくて(ヴェローナ中の女をたぶらかしたようだけど)でも自分の為だけに生まれてきた運命の人がいるって信じててそれでやっっと出会えた運命の人ジュリエット!!!!って感じ。多分このロミオは遊びの恋というよりは「君とは付き合えないよ、だって僕の運命の人じゃないでしょ?」って真顔で言ってプライド高い女子を傷つけてきたんだ(笑)=たぶらかしてきた。「僕はそんなつもりないよ!!」って言うのも多分まじだなあ(笑)罪な男だなあ。だからバルコニーにジュリエットが「その名はロミオ」って言った時もめちゃくちゃ嬉しそうな顔してた。このロミジュリは「セカチュー」の2人と似たものを感じました。
大人たちに反対されて、でも自分たちの愛は本物でなんだって出来るって信じてて。
2人ともキラキラしてて本当にバランスがよかったなあ。2人が出会って世界がパアアって明るくなるのが見えました。最後本当にこの2人死ぬの?ハッピーエンドにしてあげれない?!って願っちゃうロミジュリコンビ。
 
☆古川ロミオ
このロミオはヴェローナ中の女を確実にたぶらかしてる~~~!(笑)でも嫌な奴じゃなくて爽やかイケメンなのでタチが悪い!今までたくさんの女と遊んできて、その中で自分を本気にさせてくれる女性に出会えなくてでも運命の人なんて本当にいるのかな…でやっっと出会えたジュリエット…!って感じ。ジュリエットとの恋も本当はいけないものだとどこかで分かっててだから一層、何か(死)が自分に近づいているのも感じ取ってる繊細なロミオ。死がいつも2人につきまとってるんですよね。だからそれを察してるロミオの方が少し大人で、そこの表現力が素晴らしすぎました。今までロミジュリ観たことない私が漠然に思っていたのはこっちのロミジュリでした。なんとなく陰なイメージがどこか漂ってて、観ててきっとこの2人ハッピーエンドで終われないんだろうなあって察してしまう感じ。
 
長々と私の主観で感想を書いてしまいましたがどちらがどうっていうわけではなく本当に2度観てよかったなあって思いました。同じ話なのに演じる人が違うとこうも印象が違うんですね。すごいなあ…ミュージカル!!でもその分木下ジュリエットが観れなくて悔しい…

2/27 ミュージカル ロミオ&ジュリエット(昼)

 **劇場**

梅田芸術劇場メインホール(大阪)
メインホール初めて1階席で観ました!1階席後方でも舞台が近くて段差もしっかりあってストレスフリーの見やすさです。アクセスも良いし、椅子も座り心地が良くて高級感がある劇場です。ジュリエット役の生ちゃん効果もあってか男性の方も多くて男性トイレが混んでいるのは初めて観ました…!
 
▼キャスト感想(Wキャストのみ)
(※敬称略・推しに片寄り・ネタバレ含)
個人の感想ですので気になる方はリターン願います。
 
*大野拓朗(ロミオ役)
TVでしか観たことなくて大野くんのロミオが観たくてロミジュリ観ることにしました。3匹のおっさんが大好きすぎて…大野くんかっこいいですよね~!でもWキャストの相手みたら古川くんだし、歌とかダンスとか大丈夫なの?!過去にエリザベート出てるみたいだけど、ミュージカルでの彼は未知数な状態で観劇しました。でも歌とっっても上手でした!なんかもうキラッキラのロミオで…まぶしい!ロミジュリ自体も初見であらすじだけ確認しての観劇だったので私の中のロミオ像とかもなくでしたが思ってた以上に、キラキラまっすぐ穢れない世界で育ってきた美少年でびっくりです。♪いつかの「どこにいるの?本当の恋人 僕の為だけに生まれてきた人」歌詞がぴったりでした。ヴェローナ中の女をたぶらかしてきたって言われてたけど本当か?!「そんなつもりないよっ!」っていう台詞がありましたけど本当にそんなつもりなさそうです。1番罪なパターンだな、こいつ…!1幕 ジュリエットと出会ってからの「他のことが見えない!一夜にしてが人生バラ色!結婚しよう!」っていう感じが本当にそうなんだろうなあってくらいもうとにかく目がキラキラで。2幕の友の死からのヴェローナ追放の絶望感との対比が強調されてて観てても分かりやすかったです。もう思ってること感情が全部顔に出るというかストレートに伝わってくるロミオでした。
 
*生田絵梨花(ジュリエット役)
生ちゃんはリボンの騎士ぶりでしたが、こちらも大野くんに負けぬキラッキラぶりです…!親はお世辞にも良い人たちとは言えなさそうなのになんでこんな良い子に育った?負のオーラなんて全くなくて、この世の美しいものだけに囲まれて育ってきたんだろうなあ。本当に「いつか」の歌詞が似合うロミジュリコンビだ~!ロミオと出会ってからのバルコニーでの生ちゃんの表情がとにかく可愛くて…!双眼鏡でしっかり観たいのに顔が小さすぎるのか焦点を合わせるのが難しい!!!ロミオからの薔薇を受け取った時のジュリエットの表情が本当に嬉しそうで幸せそうでめちゃくちゃ可愛かったです。そして歌も透き通っていて本当に綺麗な歌声…心が洗われる。純真でピュアな心の持ち主だからこそ、神父に薬を貰って仮死状態になることすら躊躇いがなくて「目が覚めたらロミオに会えるのね!」って薬飲んじゃうんでしょうね。
 
*馬場 徹(ベンヴォーリオ役)
とにかくかっこよくて優しくて母性あふれるベンヴォーリオが素敵すぎて…!マーキューシオと2人で血の気の多いコンビかと思いきやティボルトとマーキューシオの決闘あたりからの複雑な表情が良くて彼がメインじゃないときもどんな表情してるのか気になって双眼鏡でかなり観てました。ロミオをあやす手や表情がとにかく優しくて…ロミオとジュリエットの愛の物語ではあるけど、ベンヴォーリオのロミオへの愛情(友情)の物語でもありますよね。アフタートークでは外人は慰めるときおでこにキスしたり抱きしめたりするのでそういうところも演技に取り入れたとのことでした。「どうやって伝えよう」からも優しさが伝わってきたし、いわば彼だけが生き残ってしまった状態ででもそこにもこの物語の意味があるんでしょうね。とにかく歌も踊りも上手いし、素敵だった~!
 
*平間壮一(マーキューシオ役)
こちらは初めて拝見したのですけど、ぶっとんだ役を見事に歌とダンスと演技で表現されてて!死の間際に「キャピュレットもモンタギューも滅んでしまえ!」「ロミオ、絶対ジュリエットと結婚しろよ」っていう反する2つの気持ちを持っている台詞がとても良くて、すごかったなあ。なんかもうどっちも本当に思ってるんだろうなって。
私の語彙力ではすごかったしか出てこない…アフタートークではとっても可愛らしくて普段はマーキューシオとは全然違う人なのかな?!みんなに「ありがとう」って気持ちでいっぱいだそうです!
 
*広瀬友祐(ティボルト役)
セクシー!!!!まあ言えば悪役(?)ですけど「本当の俺じゃない」を聞いてるとティボルトも大人の犠牲になった1人で、小さい頃からジュリエットを見てきたのにぽっとでの(しかも対立する)ロミオに奪われて苦しいだろうなあ、と思えてきました。それが「本当の俺じゃない」に全て集約されていて!そういうティボルトの葛藤がその1曲で表現できていたのが本当に素晴らしかった。
 
*宮尾俊太郎(死役)
死役っていうのが私的に結構衝撃的で…でもこういうミュージカルには割といますよね。どんな役なんだ?って思ったら気が付けばロミオの片隅にいる…って感じで。ロミオとの死のダンス、ラストのロミオとジュリエットの死のシーンでのダンス素晴らしかったです~!ロミジュリの演技も観たいけど死も観たい…目が足りない!って感じでした。この日はお誕生日&千秋楽だったようでおめでとうございます&お疲れ様でした!
 
▼感想
キャバレーを観たときも思ったんですが、普段2.5のスポーツ系ばかり観てる私にとってハッピーエンドじゃないって結構衝撃です。帝劇ミュージカルは「死」がテーマになっているものが多いですね。2つの家の争いの原因ははっきりとは語られなくて(他のロミジュリ観てないから他はどうかわからない)理不尽に引き裂かれるロミオとジュリエットの怒り悲しみ絶望が、主演2人の無邪気なキラキラ度も相まってより伝わってきました。周囲の大人たちの理不尽さもあるけど、きっとロミオとジュリエットがもう少しだけ大人だったら「死」という結末にはならなかっただろうに、観てて辛かったです。でもこれきっとベン・マーキューシオ・ティボルトのそれぞれの表現力あってのことですね。3人が3人とも違う感情を持って2人を見てるのが、もうみんな辛い…ってなりました。さらにそれを支える大人陣の歌唱力が素晴らしすぎて…おおおおこれがミュージカル…!と圧倒される。勝手なイメージでもっと陰な雰囲気のある物語だと思ってたので思ってた以上に陽なパワーが強かったです。これは主演の2人のイメージのおかげでもあるのかな?(多分現代風な演出でもある)
 
Wキャストなこともあって、他の人はどう演じるんだろうって思いながら観てました。
古川×生田verも観劇ますので、それを観たらまた感想が出てくると思います。その時はまた思ったことを追記します。

2/25 舞台弱虫ペダル 新インターハイ篇~スタートライン~(昼夜)

**劇場**

オリックス劇場(大阪)昼2階席 夜1階席
ここは定期圏内・3階席まであって上の階も舞台が近く見やすくて好きな劇場なんだけどそれ以上に椅子の座り心地が悪い…お尻を通り越して下腹部が痛くなるレベルで、ペダステは休憩がないからより辛い。今後自分の中で対策が必要かも…どうしよう。グッズ列も昼公演後は3階階段まで折り返すほどで、生写真買うのに1時間並びました。新生箱学の時も大千秋楽はリピーター特典が開演に間に合わないくらい並んでてなかなか修羅場と化していたのに全然学んでない…
 
▼新生キャストも多かったので1人ずつ感想です。
(※敬称略・推しに片寄り・ネタバレ含)
個人の感想ですので気になる方はリターン願います
 
*醍醐虎汰朗(小野田坂道役)
「ヒメはヒメなの~~♪」出てきた瞬間会場から(かわいい…)っていう雰囲気が!とにかく初々しくて可愛くて坂道くんらしい子でした。今回は坂道くんメインのレースがないからレースの試合も観てみたかったなあ。今後ペダステを通して成長していってくれるのが楽しみです。カテコでの挨拶もたどたどしくて(がんばれ~)という暖かい雰囲気が(笑)
 
*和田雅成(今泉俊輔役)
彼に関しては新キャストの中でも心配していなかったけど安定でした!新しい今泉鳴子コンビ良いなあ~2.5界でも人気キャストだし今後もペダステ出れるのかな?と思うけどブログ・パンフからもペダステに懸ける想いが伝わってきて…ぜひIHゴールまで走り抜けてほしいです。新キャストになってのお客さんの心配もわかる的なことも書いてて、さすがだな…彼がどんなポキ泉くんを演じるのが今から楽しみだ~!
 
*百瀬朔(鳴子章吉役)
個人的に新キャストの中で1番よかったです!前アナでの関西弁聞いたときは「おや…」ってなったけど劇中では違和感なくて(そもそも関西人だった)まさに鳴子そのもの!前アナは録音かな?いきなりあんな鳴子全開な演技を見せてくれると思わなくて!IHでも鳴子かっこいいから今から楽しみだなあ。ただペダリングがかなり特徴的で…(笑)そこだけ気になったから今後修正していってくれたらいいな。
 
*鯨井康介(手島純太役)
私の1番好きなキャラで1番好きなシーンが今回メインってことでめちゃくちゃ楽しみにしてました。もう安定の鯨井さん!「IHメンバー俺だけ決まってないんだわ!!」のところがかっこよすぎで…合宿シーンはもう会場も涙涙でした。何より背中がかっこよすぎてずっと見ちゃいました。「頑張らないと期待なんてされない…っ!!」いい台詞だ。今後T2がキャス変したらペダステのモチベが下がるかもしれない…
 
*八島涼(青八木一役)
去年は1番後輩だったのに、新キャストが入ってきて誰よりも成長したんじゃないかなあ。セリフもたくさんあって本当にかっこよかった!!「俺は不安だ、お前のいないIHなんて…!」すごいよかったです。IHでのスプリントも先輩らしさが出ててかっこよかったです。鏑木の台詞が聞き取りにくかったのもあって一層青八木の声が通って聞き取りやすく感じました。鏑木と歌うシーンも歌声が通っていて、歌もうまいなあ、もっと聴きたいなって思いました。ただ舞台じゃさすがにバンビ化まで表現できてなかったから、原作見てない人はハテナだったのかな。(ここはもう演出の問題だけど)
 
*江口祐貴(鏑木一差役)
見た目はすご~い鏑木そのものなんだけど、滑舌が…2階で観たときは原作知っててもほぼ聞き取ることができず…音響の問題?と思いつつも他のキャストは聞き取れたからなあ。1階で夜観たときは耳が慣れたのか1階だからかまあまあ聞き取れました。(夜が初見だった友人はあんまり聞き取れなかったそう)ペダリングしながらの早口な台詞多いから仕方ないけどもう少し頑張って~~!鏑木の単純で天才肌なところは合ってる感じがしたので、今後の成長に期待です。
 
*田川大樹(古賀公貴役)
こちらも滑舌があまり良くないのか聞き取れない台詞がちらほら…昼公演は台詞の順番も間違えたり。初日の緊張かな?始まる前から合宿のシーンが大好きだからほんっと~~~に頑張って下さい頼む!!!と思ってました。手嶋に食われるんじゃないかって心配してたけど、そこは心配無用だったようですごく熱いレースを見せてくれました!その分発声と滑舌が残念だった…古賀さん今後出てくるのかなあ?出てくるなら今後に期待します。IHが始まって補給係として段竹に「乗れ!そういうのは直接言ってやれ!」のシーン、鏑木に「見てたぞ!!」のシーンはとっても素敵でした。
 
*植田慎一郎(段竹竜包役)
鏑木を支えるって感じで出番自体は少ないですけど前回からっいうのもあってめっちゃ存在感がありました!何より鏑木とのバランスがよくてチームSS感が出てました。鏑木に「見てたぞ!!」のシーン、多くは語らないところに涙でした。
 
*河原田巧也(泉田塔一郎役)
新キャストがやっぱりペダリングがまだまだだった分続投キャストはさすがだな~って感じました。箱学自体出番が少なかったです。
 
*東啓介(葦木場拓斗役)
カテコのヒメのくるくる片思いで振りを間違えたり全体的にぽあぽあしてるのは役作りなのか素なのか…(笑)メトロノームペダリングや見た目は原作そのまま!
 
*秋元龍太朗(黒田雪成役)
彼も滑舌?発声?なのか私の耳が悪いのか…私はよく聞き取れない。見た目は良いしIHではアシストで活躍するから期待します~
 
*谷水力(真波山岳役)
真波は未だに植ちゃんの印象が強くて私的に違和感です。でも爽やかだし、坂道くんも新しくなったということで新クライマーコンビ期待します。彼もなかなか個性的なペダリング…そこも気になります。本人もパンフで課題って言ってたし今後期待します。
 
*兼崎健太郎(銅橋正清役)
前回レースがなかった分どうなんだろう~って思ってたけどスプリンター勝負かなりかっこよかったです!総北スプリンターとの比較でかなり大きく見えてまさに銅橋そのもの!オーラかな?体格以上に大きく見えて迫力あったなあ。これは1階で観ないと感じられないかも。これは前回も思ったけど、箱学で歌ってるときでも歌声が響くし上手くてソロが聴きたいくらい。
 
*飯山裕太(新開悠人役)
なんかすごい器用な子なんですね。シャトナー演出に合ってる子なのかな?悠人自体が出番が少ないからか他の役もしてたけど色々こなしてたし。人気出そうな感じの子だから続投するか気になるけど、IH期待。
 
*林野健志(御堂筋翔役)
前キャストがまさに2次元からきた御堂筋くんすぎて…比べるのはよくないけどやっぱり今のところ前は越えられてないかな…(前キャストも言動は賛否有るけど)でも本当に前キャストが2次元すぎたから、これが3次元の限界で人間が御堂筋くんを演じるとなればこれでも十分素晴らしいのか…?!観てて途中でわからなくなった。アニメでも声が高いから、声の低さに違和感なのかなあ?
 
*天羽尚吾(岸神小鞠役)
もはや性別が謎…小鞠の未知数な感じが表現されてて…鳴子とは違う京都弁もすごく上手でした!1番おおっ?!と思ったのは銅橋の後ろで猛獣(?)のオーラ担当してた時の身体のしなやかさです(笑)1人だけ動きが違ってて目を引きました。
 
▼感想
 
内容は、予選→合宿→IH(スプリンター勝負)でした。まさかIHまでやると思わなくてびっくり!(でもタイトルに書いてあった(笑))合宿が思ったよりあっさり終わったのもちょっと意外でした。てか前々から思ってたんだけど、私の好きな台詞が舞台になると消える~~脚本の人と私の台詞の好みが合わないのかなあ(泣)ちなみに私が好きな台詞は青八木の「どんなに頑張ったんだ純太…俺の応援なんて1%も力になってない」的な台詞です。そこらへんの回想から2人のやりとり、入れてほしかったなあ~…あとそのキャラいるんだから、その台詞は本人に言わせたらいいのにペダステって「〇〇に言われたんだ…~~~~って!!」みたいなこと多いですよね。原作では普通にキャラが言ってるのになんであえて伝聞形式(?)で言うんだろう。今回も青八木が「純太が言ってたんだ…お前だけは俺を応援してるか?って!」みたいな。普通に手嶋に言わせてくれ~~~~~~~!!!なんでやねんって心でつっこみました。でも合宿は1番好きなシーンだから、泣けました。最後の手嶋の「頑張らないと期待なんてされない!」っていう台詞、漫画だとさーって読んだだけだったけど実際に聞くと、あぁそうだなぁ…って本当にいい台詞だし手嶋らしさを表す一言だと思いました。そしてギャグ。これはもう完全に好みの問題であのエチュード的なギャグがペダステらしさといえばらしさですもんね。私はやや苦手…自販機とか蝶々とかは慣れて来たけど。総北のバス内くらいの掛合いギャグなら笑えるし好きです。前回もT2の温泉のくだりはめっちゃおもしろかったし。(でも手嶋(鯨井)のつっこみ好きだし総北好きだし贔屓目かもしれない)
 
IH開幕!のところで「スタートを切る…」がはじまって完全に終わると思ったらあれよあれよとスプリンター勝負始まってびっくりです(ここらで腰が限界に…)昼公演は鏑木の台詞一切聞き取れず、いいシーンなのになあって思いながら残念でした。原作知ってるから脳内で台詞補完しつつ…上にも書きましたが銅橋と青八木はめちゃくちゃよかったです。でも青八木の酸素音速の表現、舞台じゃあれが限界なのかなあ。うーん。スプリント勝負が決まって次はクライマー勝負!ってところで今回は終了です。舞台を観て思ったのは、早くここをアニメで観たい!!ということ。それってどうなの?って感じですが、端折りも多かったので早くアニメで観たいです。原作のストックもあまりない感じだけど、今後の公演ペースも気になります…せっかく新キャストも多いし、経験の為にもあんまり空けないでほしいなあ。でもT2がそろそろキャス変しそうでそこだけ少し不安です。ここ好きなところだから絶対DVD買う!って思ったけど今のところ保留です。東京公演は観に行かないけど成長していってもらえたらいいなあ。

2/19 青学vs氷帝DVD記念トーク・ハイタッチイベント(昼)

**会場**
大阪(松下IMPホール
昼の部参加でしたが、後ろの5列くらいは空席でした。(落選した人もいるみたいだけど、入れたんじゃ…?)ちなみにこのホールA席より前に座席を作れます。F列まではフラットで段差なしのため、結構見にくいです。私はフラット席の後方だったのでかなり見にくかったです。後退してもいいから後ろの段差有の席で観たかった…!
 
**イベント内容**
OP挨拶
振り返りトーク
・公演について
・DVDを観て
・上海公演の思い出
・チームワークについて
・青学が卒業して変わったこと
相手の弱点を見抜け インサイトゲーム
ED挨拶
ハイタッチ会
 
**席順**
舞台向かって左から
田中・神里・石田・古田・三浦・小早川・田村・渡辺(内海くんは体調不良の為欠席)
会場について椅子の数をみた時点で、あれ?1つ少ない…何となく嫌な予感がしたら、司会のあいかわい翔さんから内海くん欠席のアナウンスが。体調不良は仕方がないけど、もう少し早くアナウンスできなかったのかな?このために遠征した人がいたら本当にかわいそう…
 
詳細なレポは検索すれば他で出ると思うので私の印象に残った部分だけ記入していきます!
 
<OP挨拶>
 
古田くんは最近トイプードルを飼い始めたようで(プテラ♀パトラ♀)「プテラプテラノドンから取って、あんなに小さいのにプテラノドンってめっちゃ可愛くないですか?!あんなに小さいのにプテラノドン!!で、パトラは」最初からマシンガントーク…噂には聞いていた古田節、ここに極めりって感じでこの日もめちゃくちゃ凄かったです。(今までの公演イベントは母にシリアルコード譲っていたので素の古田くん初でした)神里くんは基本「お前は黙れ!」って古田くんに怒っていてこちらも、おぉこんなキャラなんだ?!ってびっくりしました。隼くんは優しく古田くんをとめていて、役のまんまですね~隼くんはとにかく服装が自分的に地味だったみたいで納得いかない様子(全身黒)小早川「靴下の黄色の差し色で勝負しようとしてたもんな?!(笑)」ロングカーディガンを三浦くん・チェックシャツを古田くんに借りたようです。
 
三浦くん「今日のためにパーマあててきました!」小早川くんに「膝も縫ってあるね!」ってつっこまれてました。(※いつもダメージジーンズ着てるため)ジロー役の田村くん「今日は来て下さりありがとうございます!」「名前は??」「田村升吾です!」「役は?」「芥川ジローです!!」「(役じゃなくて)ジローなんだ(笑)」「ジローです!!」にこにこしていて可愛かったです。会場が(可愛い…)っていう雰囲気に包まれました。ちなみに最近は「ちゃん」っていうあだ名に抵抗があるらしく名前か苗字で呼んでほしいそう。最終的に司会者には「ちゃんくん」って呼ばれていました(笑)
  
トークコーナー>
古田「ねぇこれ言ってもいい?DVDの編集してる人って楽譜みてないよね。俺ら1回もあんな音程で歌ってないから!!」隼くん・司会者・袖でスタッフも×してたみたいだけど「いやこれはまじで言わせて!今後のために言っといたほうがいいから」これまた古田節だ!と思いながらも、へぇ~そうなのかぁ…と。三浦くんも小声で「わかる」って言ってました。向上心とオールフォーテニスのところが違うみたいなので、DVDで確認します。隼くんが必死に「トイプードルの名前なんだっけ?!」って話そらしていた。ちなみに神里くんにも「不二のところも違うから!」って振られて「俺を巻き込むな!!!」ってキレてました。
 
三浦くんが観てほしい所「ブリザードのジャンプ」会場(あぁ~)ちょっとやってみて→入念にアップしてから華麗なジャンプ披露神里「隼くんもやってみてよ(笑)」隼くんこける!古田「ネタかと思ったら今まじでやろうとしたでしょ?!1番恥ずかしいやつじゃん(笑)」
 
氷帝公演DVDを観て>
氷帝は全員でDVDを颯希の家で観たそう。でもみんな自分のところしか見ないし何度も巻き戻しするから進まない。しかも自分の出番が終わると寝る。ちなみに1番に寝たのは颯希。S2の時にはほぼほぼ寝ていた。隼くん「それ不二も関係あるからやめて?!」
 
 <上海公演の思い出>
古田「歩いていたら男性に至近距離でじろじろ見られた。コンビニでもお会計のときに店員に「へっ」って笑われた。」神里「わかる」隼くん「それは思い出し笑いだよ!たまたま!そういうことにしとこう!」
 
小早川「颯希の誕生日を祝った。青学・氷帝・山吹揃って祝えた。」10人くらいが颯希の部屋のクローゼットに隠れて、颯希を胴上げののち落とす。古田・神里は不参加。慣れない電車でケーキを買いに行ったから登野城くんが持ってたけどぐちゃぐちゃになった。
 
三浦「ずいぶんと楽しそうだな桃城よ…」で会場がFOOOOOOOOO!!!ゴールデントリオが「黄金三人」ゴールデンペアが「黄金組合」で字幕が面白かった。古田「リョーマがいたとしたら絶対字幕見るからね!だから俺はリョーマとして字幕を見てた。」「行ってくるよ手塚」でもFOOOOOOOO!!!あとタカさん樺地の試合が盛り上がった。「もう打てません…」でなぜか大爆笑だった。田中「上海語で「上海ガニ最高!」って言ったら伝わらずシーンとなった(笑)」古田「あとめっちゃ盛り上がってたのに財木がなんか言った瞬間伝わらず「あぁ?」ってなった」
 
小早川「上海でひもじくて郁巳の日本製カップラーメンぱくりました!!」三浦「俺郁巳と同じ部屋だったけど「カップラーメンが1個ない~~~(><)」って言ってたよwww」三浦くんの郁巳の物まねに悪意しかない(笑)
 
古田「あとキムチがおいしかった」
 
氷帝のチームワークについて>
ちゃん「いつも郁巳の部屋に集まってます!」三浦「それってチームワーク高める為なの?」ちゃん「そうか、これは習慣か…」会場(かわいい…)三浦「氷帝はみんな我が強くて演出家に氷帝集合!って言われたらみんなめっちゃ近くまでつめて集まるから、いったん下がろうかと言われる」小早川「跡部が部長だけどみんな跡部より前に出ようっていう気持ちで、それがチームワークを高めることに繋がってる」
 
<青学が卒業して変わったこと>
神里・田中はずっと現場が一緒だから…でもこういう一面もあったんだなって思う。古田「~さん(P)のお気に入りなの?」「俺は孤高もダンデビもみたよ!」「おい作品名!」古田「同じネルケだからいいんだよ」古田「俺らは中3から高1になったようなもん、テニスでは1番上だったのにレベルアップして1番下になった」隼くんが「それで練習試合で昔の仲間に会う(別現場で再会)って感じだね」優しいフォロー!古田「今チャーリーブラウンの稽古してるけど先輩ばかりで分からないことを聞ける人がいないからずっと携帯と稽古してる。」なんだかんだで久々に気の合う仲間と会えて嬉しかった古田くん~(^^)
 
碧斗「俺らは六角の時いつもオールフォーテニスを聞いてから出てます!」
 
インサイトゲーム>
古田「つまりdisるってことですか?」
インサイトゲームは三浦くんが上着を投げてコール!小早川「俺1回もジャージ落とさなかったんですよ!」ちゃん樺地役でマイク渡す。美声で「ウス」 
※ここからは各人の弱点を言っていくゲームがスタート※
 
涼星:古田「膝がいつも出てる・ZARAでまとめてくる・身長が高い」たしかに電車で広告にあたって帽子がぬげる碧斗「つっこみがおもしろいからいじられやすい」
 
碧斗:古田「身長が高い・駅で俺とよく会う」「それ弱みなの?」「いや強みだね」小早川「天気予報!っていうおもろい動画あるから再現します!」「天気予報って口とじずに10回言って!」「てんきよほおー」「もともと口とじずに言えます~」青学・会場おいてけぼりで完全なる身内ネタ(笑)こんなことばっかして遊んでるのかw楽しそうです。
 
神里:古田に「お前に喋る権利はない!!」「お前は話すな!!」めっちゃ言ってました(笑)隼くん・涼星「毛根じゃない?」「それは役作りで染めてるの?」神里「いや違います」ちゃん「人見知りなところなか?稽古場でお互い人見知りなので隼くんにとりもってもらった」
 
ちゃん:碧斗「時間にルーズ!ホテルでいつも起こしにきてって言われるから起こして、チェックアウトの10分前にも俺は荷物まとめて迎えに行くけど、ちゃんは髪びしょびしょで顔洗ってて「ん?」って感じ!」ちゃん「おれは間に合うからいいんだよ~」
 
小早川:ちゃん「しゅんくんのほうがプライベートは時間にルーズ!」碧斗「しゅんくんと待ち合わせにはコツがあるんです。家の近くで待ち合わせするときは、10分集合だとしたら7分まで家で待ちます。すると3分前に「あかん!!」ってラインがくるので「じゃあ集合遅らせましょう」って送ります」小早川「そのあかんにはごめんって気持ちがこめられているねん」碧斗「慣れたので大丈夫です」碧斗くん色々とお疲れ様です!!(笑)
 
三浦:古田「さみしがりやじゃない?」小早川「昨日パーマ当ててたときも4時間ずっと氷帝ラインにラインしてたもんな?」古田「その割に微妙じゃない?」三浦「うん…もう戻したい」「ホテルでもずっと誰かの部屋にいるよね」神里「俺の部屋きてご飯食べて出てったよね」古田「俺観てはいけないもの見たと思ってすっと扉とじたからね」神里「お前そういうのほんまやめろ!!」三浦くんはつまり赤ちゃん
 
隼くん:青学3人から「朝が弱い!」「言い間違いが多い!」「今日も朝から言い間違いしてたよね」総つっこみww隼くん「いいまちゅがい」
 
古田:俺は何でも言い返すよ!「弱点だらけ」「個性のかたまり!」「暴君!」「そういう人いないから逆に求められる」司会「何を言ってもポジティブに返すということでそろそろ…」古田「絶対時間やばいんだよ!」
 
<ED挨拶>
ここで古田くんが「よく手紙でリョーマは帽子触らないですねと言われますが…」古田くんの解釈では、リョーマが帽子を触るのは照れや後ろめたいことがある時でそれ以外では触らないと思うし、気になって邪魔ならリョーマは帽子を脱ぐ!これが俺の解釈だから、さぼってたわけではなくそういう考えで俺は触らなかった!たしかに古田リョーマは帽子を触るイメージがなかったからこういうキャストの考えを聞けるのは嬉しいです!公演中のエピソードもいいけど、こういう役作りの話が聞きたい…!ファンそれぞれにもこのキャラはこう!っていう考えがあってアンケに色々書かれることもあるでしょうから自分はこういう考えでこうしていたというのは是非キャスト自ら発信して欲しいです。
 
<ハイタッチ>
前列から舞台に上がって上手側キャストからハイタッチ、後ろにスタッフがいたけど剥がしはほぼなしです!キャストと一言二言は会話できる感じでした。私は推しがいなかったので「ありがとうございます~」で流れていきました。でもみんな目を合わせてくれてかっこよかったです!隼くんはその人の身長に合わせて屈んでくれてしっかり目を合わせてくれました!素敵ですね~!!小早川くんも何か言われた時はしっかり「ありがとうございます!」ってお辞儀してました。以上氷帝DVD発売記念イベでした。
個人的には上海の思い出で郁巳と颯希の話が聞けてうれしかったです。ちなみに身分証の確認も名前を見ただけでゆるゆるでした~!メールも当選者からもらって名前打ちかえれば行けるんじゃないか位です。顔確認もなし。ドリライイベの時はマスク外して下さいって言われたみたいなのでイベによりけり?謎です。